NEW RELEASE

【痩せる睡眠習慣😪】

 

暑くて寝苦しい日々が続きますね。☀️

今回は睡眠の質を高めるための方法をご紹介。💤

まずは成長ホルモンの働きを知ろう!!

👇


〜 成長ホルモンの働き 〜

★代謝を促進する。

☆肌のターンオーバーを活性化。

★骨を丈夫にする。

☆筋肉を修復する。

★免疫力をアップさせる。

など、身体のすみずみまで働きかけて細胞の生まれ変わりや修復を助けてくれます。

この成長ホルモンが細胞を修復する時、エネルギー源として燃やすのがなんと脂肪なのです。

成長ホルモンの働きが活発になるほど脂肪はどんどん燃焼します。

成長ホルモンの分泌が盛んになるのは、時間帯ではなく就寝から最初の3時間ほどの深い眠りのときです。💡

つまり☝️お肌のシンデレラは、何時であるかに関わらず『眠り始めるの3時間』であると言えます。👀

この時間にぐっすりと質の良い眠りを取ることが肌にとって大切だということです。😌

 

① 食事は就寝2時間前までに!

・食後2時間ほどは、消化のために胃腸の働きが活発になります。

就寝の直前に食事をとると、睡眠中にも内蔵は消化のために働き続けることになり眠りが浅くなってしまいます。💧

どうしても寝る直前に食事をとる場合は消化の良いものを軽く食べるようにすると良いでしょう。💡

 

② ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる!

・身体の内部の体温は、日中は高く夜は低くなるサイクルがあります。

体温が下がり始めると眠くなり、上がり始めると目が覚めやすくなる傾向があります。

就寝の2時間ほど前にぬるめのお湯にゆっくりと浸かって全身を温めておくことで、徐々に体温が下がって深い眠りにつきやすくなります。🌛

 

③ 寝る1時間前にはテレビやスマホを見ない!

・テレビやスマホなどの画面から発せられる光は強く、脳を覚醒させる働きがあります。⚠️

就寝1時間ほど前からはなるべく見ないようにすることでリラックスして眠れます。💤

 


 

忙しい生活の中では、こうしたポイントを全て押さえるのもなかなか難しいと思いますが、

できることから気をつけて少しでも良質な睡眠を得られるようにしていきたいですね。😌

関連記事

  1. こわいのは熱中症だけではない!?

  2. 食べて痩せる人・食べて太る人の違い👀

  3. 五大栄養素

  4. 【運動指導者が厳選!】ダイエット中にオススメなヨーグルトランキング

  5. 歌をうたって心も身体もリフレッシュ☆☆

  6. こうやって飲めば太らない!飲み会の極意

  7. 【厳選3選!】ダイエット中の賢いドレッシングの選び方。🥗

  8. 糖質オフ

  9. カシスの力☆☆

PAGE TOP