NEW RELEASE

【意外と知らない!?】老化を早めるNGな習慣🙅‍♀️

 

普段のちょっとした生活習慣が若さを左右していることがあるんです。👀❗️

今回は悪習慣と老けない人の習慣を紹介していきます。💁‍♀️

 


 

1、喫煙

・タバコに含まれるニコチンは体内の毛細血管を収縮させ血行不良となります。

またタバコを1本吸うことにより体内のビタミンCは約50mg無くなると言われています。💧

ビタミンCが不足することによりコラーゲンの生成が不全となりハリのない皮膚やニキビ・皮膚炎などのトラブルが起こりやすくなります。☠️

2、『紫外線対策』が不十分

・青年期までに浴びた紫外線のダメージが30代、40代になって「シミ」「シワ」「たるみ」としてあらわれます。😩

紫外線による皮膚へのダメージは「紫外線の強さ×紫外線を浴びた時間」で決まるので紫外線があまり強くない季節でも長時間浴びるダメージが大きくなります。🌀

3、ジャンクフードをたくさん食べる

👇特徴

✔️ ビタミン・ミネラルが不足していて栄養バランスが悪い

✔️ 酸化した油が使われている可能性が高い

ファーストフードの食事に使われていることの多いトランス脂肪酸は、悪玉コレステロールを増加させホルモンバランスにも悪影響を及ぼすと言われています。😱

💡ジャンクフードは食べ過ぎない💡

食事の楽しみの一つとしてジャンクフードをたまに食べることは悪くないと思います。

5年後、10年後もキレイで健康でいるためにちょっと食生活を見直してみませんか❓✨

4、冷房

肌を乾燥させ皮膚表面の温度を下げるため、皮膚の新陳代謝を遅らせる原因となり老化を早める原因となると言われています。

 

 


対策💁‍♀️

📌快適な温度は28度、温度50%

📌朝のスキンケアはしっかりと

📌オフィスではホットの飲み物を

📌こまめにミストタイプの化粧品で肌に水分補給

《肌に栄養を与える》

*皮膚に弾力やハリを与えるコラーゲン

*肌の角質層の水分を量を高めて滑らかにするヒアルロン酸

*抗酸化成分で活性酸素を分解するアスタキサンチン

*皮膚のしわや老化を予防するビタミンE誘導体

*肌細胞を守るコエンザイムQ10

*シミやしわを予防するポリフェノール

*細胞に潤いを与える酵母エキス

*コラーゲンの合成を促してたるみを予防するレチノール

《紫外線に気をつける》

*紫外線ケアができる日焼け止めや化粧下地などを使う

*サングラスや帽子、ストールで顔をカバーする

*紫外線が強い日は長時間外出しない

 

 

紫外線は、シミやそばかすなど老け顔になるだけでなく白内障の原因になるので視力にも悪影響を与えます。💧

太陽の光を浴びることは身体に必要なことですが目と肌を守るために1日15分程にすることをお勧めします。😌☀️

 

関連記事

  1. タンパク質のウソ・ホント

  2. 【7つの理由】筋トレが女性を輝かせる✨

  3. 【運動指導者が厳選!】ダイエット中にオススメなヨーグルトランキング

  4. 美姿勢をつくるために大切な事は!?

  5. 【マスクの裏表知ってますか?】知っておくべきマスク知識

  6. 【ダイエットにオススメの野菜4選】痩せるために食べたい野菜とは🍅🍆

  7. 【4つの誤解】女性が思う筋トレの誤解

  8. 納豆パワーで免疫力アップ☆☆

  9. 三大美容✨

PAGE TOP