NEW RELEASE

脚やせしやすい身体作り ⭐️5選⭐️

脚の構造はみんな同じはずなのに、

「前ももが張りやすい」「横張りが目立つ」と悩みがあるのはどうしてでしょう?😦

 

まず理解しておいて頂きたい事!

脚は日々めっちゃ頑張っている!!!

脚には重力が日常からかかっています。

心臓からドクンッと出た動脈は重力に逆らわずスムーズに出ることができる。

しかし静脈はそうはいきません。重力に逆らってなんとか血液を戻そうとがんばっています。

簡潔にまとめると

動脈→栄養・酸素を届ける

静脈→ゴミ処理・解毒・血液を綺麗にする

そんな不利な状況の中でも体の中へ栄養や酸素を循環しなければいけないので、

静脈血を下から上に押し上げる役割をしているのが第2の心臓と言われるふくらはぎ!

しかし、足裏のアーチが崩れた状態で歩行していると、ふくらはぎのポンプ作用が上手く

働かず、老廃物がたまり浮腫んでしまいます。

なので、まずは足裏の土台がとっても大切なのです✨

この土台を整えることで普段の歩行や姿勢が本来ある体の機能を高め、効率良く綺麗な

下半身へと繋がって行きます。

 

そこで自宅でも簡単に行える、足のケアをお伝えします。

 

①足の指を鍛える

 

足指が使えないと重心がかかと片寄り、かかとと指の付け根だけの

二点歩行になるため左右差も起こり、足裏がグラグラと不安定になります。

それをカバーしようと太ももなどの大きな筋肉が発達したり、

ふくらはぎに余計な力が入りパンパンに張ったりします。

【対策】

ビー玉掴み運動

足の指でビー玉を掴んで離すを繰り返し、足指の力を取り戻そう

 

②足の指を開く

 

パンプスが合わない靴を履いて足指全体が縮こまって巡りが悪くなって

いる状態は、老廃物が足に溜まりやすく浮腫みやすい脚になってしまします。

 

【対策】

グー・チョキ・パー運動

足の指をしっかり広げ、血流の流れをUPさせましょう

 

③足裏全体をほぐす

 

足裏のアーチが崩れて扁平足になっている場合は、足裏の筋肉が衰えています。

この筋肉が衰えると足のアーチがつぶれて、指先が上がったり重心が後ろにかか

る事でバランスを保とうと無意識に上半身を前傾させ猫背になってしまう事も。

 

【対策】

ゴルフボールほぐし

ゴルフボールに足裏を乗せ、痛気持ちいいぐらいの強さで

土踏まずの位置でゴロゴロと転がします。

 

 

④足首をほぐす

脚が冷えたり、つまづきやすくなったりするのは足首の柔軟性が低下している

サイン。

私達が歩いたり走ったりした時に、衝撃を受け止めるのは足首です。

そのため足首に痛みなどの問題があると、歩くことが辛くなったり

足首をかばおうとめに知らず知らずらずのうちに偏った形でバランスを

取るようになってしまします。

【対策】

足首を左右に回し柔軟性を高めましょう。

 

⑤脚のマッサージ

ふくらはぎや太ももがパンパンな状態だと柔軟性が衰え、歩行時に負担をかけて

しまいます。

硬いと心臓へ血液を戻すポンプ作用が行えず、歩くたびに脚は

浮腫みやすく痩せにくくなってしまいます。

 

【対策】

ふくらはぎ、太もものマッサージ。

 

日常生活の歩行の癖、立ち姿などあなたの負担の癖が今の脚の作り出しています。

脚痩せするためにも是非意識的に行って行きましょうp(^_^)q

関連記事

  1. 食べて痩せる人・食べて太る人の違い👀

  2. 【基礎代謝は上げられる✨6つの方法】

  3. 【ダイエットにオススメの野菜4選】痩せるために食べたい野菜とは🍅🍆

  4. 【知らなきゃ損する!】便秘解消の基本☝️

  5. タンパク質って実際どれくらい取ればいいの??

  6. 寒くなってきて身体に力が入ってきたら、、、。

  7. すごいね!ラジオ体操☝️

  8. キレイな髪✨

  9. 【4つの誤解】女性が思う筋トレの誤解

PAGE TOP