NEW RELEASE

【あなたは洋ナシ型?リンゴ型?】3つの肥満タイプとタイプ別ダイエットポイント⭐️

 

《3つの肥満タイプ》

体脂肪には皮下脂肪と内蔵脂肪の2種類があります。

① リンゴ型 ② 洋ナシ型 ③ バナナ型

どこに何の脂肪がついているかで肥満のタイプが分けられています。

タイプによってダイエットの方法は変わってきます。

タイプの特徴とダイエットのポイントを紹介します。☝️

 

① リンゴ型肥満の特徴

・リンゴ型は「内蔵脂肪型肥満」といわれ、お腹の皮は薄いのに内蔵に脂肪がついて上半身やお腹がポッコリしてしまいます。

ウエスト➗身長=0.5以上だと内蔵脂肪型肥満の可能性が高いです。

リンゴ型肥満のダイエットポイント☝️

・リンゴ型肥満は、👉 基礎代謝、特に糖質の代謝が悪いこと、運動不足が原因とされています。

なので以下の点を重点的に取り組みましょう。

1、食事の糖質をオフにする

2、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1で糖代謝を上げる

3、有酸素運動+筋トレをする

 


 

② 洋ナシ型肥満の特徴

・洋ナシ型肥満は「皮下脂肪型肥満」といわれ、下腹やお尻、脚などの下半身に脂肪がついていることが特徴です。

皮下脂肪は一度つくと減らすことはなかなか難しいといわれています。

洋ナシ型肥満のダイエットポイント☝️

・洋ナシ型肥満だと基礎代謝が低いことが原因の一つです。

以下のポイントを意識してダイエットしましょう!

1、脂質・糖質をさける

2、下半身を中心に筋トレやマッサージをする

3、特に下半身を冷やさないようにし、代謝を低下させない

 


 

③ バナナ型肥満の特徴

・全体的にはスリムな体型にもかかわらず、下っ腹に脂肪がついてポッコリしています。

若い頃は基礎代謝も高めで太りやすくはないものの、加齢による代謝の低下などから痩せにくくなってしまいます。

また、筋肉が少ないため一度太ると痩せにくいと言われています。

バナナ型肥満のダイエットポイント☝️

・筋肉が少ないため、脂肪が燃焼しにくいと言われています。

そのため、筋肉をつける事がダイエットポイントです。

1、お腹周りを中心に筋トレをする

2、積極的にタンパク質をとる

3、身体を冷やさない


 

皆さんが気になるダイエット情報をこれからも発信していきます!💪

 

 

関連記事

  1. 美姿勢をつくるために大切な事は!?

  2. 【足首をスリムにするための、2つの最重要事項とは!?】

  3. 糖質オフ

  4. 【ストレス発散】 一気に見たいアニメ5選 【たまには違う手段で】

  5. 【無性に食べたくなるアレ】それ体からのSOSかも?!

  6. 【厳選3選!】ダイエット中の賢いドレッシングの選び方。🥗

  7. 食べて痩せる人・食べて太る人の違い👀

  8. 【食品添加物 太る原因!?】

  9. 生活習慣!食べ方が原因?便秘症状と対策

PAGE TOP