NEW RELEASE

【無性に食べたくなるアレ】それ体からのSOSかも?!

ダイエット中や夜中なのにも関わらず「無性にアレが食べたい」という気分になる時ってありますよね?

 

実はこのような状態になるのは「気分」の問題だけでなく、体のどこかに不調がある時や足りてない栄養素を欲しがっている体からのサインであることも!

 

今回は「無性に食べたくなる」代表的な食べ物と、隠された理由について紹介していきます。

 

〆のラーメン

お酒を飲んだ後に〆の一杯、無性に食べたくなりますよね。

それは、体が「ブドウ糖」と「塩分」を欲しがっているからなんです。

 

アルコールを摂取すると、体内はアルコールを分解しようとします。

 

この分解に必要な栄養素の一つがブドウ糖。人間は通常、炭水化物を摂取することにより糖分を供給しているほか、肝臓でグリコーゲンという物質を分解し、ブドウ糖を作り出しています。

 

お酒を飲みすぎてしまうと、グリコーゲンはアルコールを分解するだけで手いっぱいになり、新たにブドウ糖を作っている余裕はありません。

 

そこで脳は炭水化物を必要とし、簡単に摂りやすいラーメンにたどり着くのです。

 

「塩分」、アルコールには利尿作用があるため、飲酒後は尿とともにナトリウムが体から出ていきます。

 

ラーメンはナトリウムの供給源でもあるため「しょっぱいスープ」がいつも以上に美味しく感じられるのようです。

 

甘いもの

「疲れた時は甘いもの」とよく言われるように甘いものが欲しくなるのは、心身が疲れている証拠。

 

糖分は体内で素早くエネルギーに変わるので、体が甘いものを食べることで素早くエネルギーをチャージしようとしているのです。

 

糖分の摂りすぎが気になる人は、タンパク質を補給することでエネルギーチャージになります。
乳製品や大豆、鶏ささみなどで力を蓄えて!

 

甘いものがチョコレート限定だとすれば、マグネシウム不足の可能性も考えられます。

 

マグネシウムが不足すると骨の形成の影響や脳が酸欠状態になって神経が過敏になってしまう場合も。

ナッツ類、海藻類の摂取がオススメです!

 

辛いもの

辛いものもまたストレスが原因となっていることがあります。

イライラした心を別の刺激でごまかそうとしているのかも。

 

辛いものは胃腸に負担がかかってしまうので、食べ過ぎには気をつけ別のストレスを発散方法を考えるなどの対策をしましょう。

 

酸っぱいもの

酸っぱいものが無性に食べたい時は、体が疲れている証拠です。

 

クエン酸回路というエネルギーがうまく働いていないときに起こります。

 

スポーツの後にレモネード、夏バテにお酢の入ったドリンクなどがオススメされるのは、これが理由なのです。

 

クエン酸やお酢を積極的に摂りましょう。

 

梅干し、黒酢、柑橘系が疲労回復効果を高めてくれます。

 

いかがでしたでしょうか?

「無性にアレが食べたい」は、理由なく無意識に感じるものだったり、単に食の好みの問題だったり・・と思っている人が多いのではないでしょうか?

 

不足栄養素を補いたい体からのSOSが隠れていたりと、しっかりとした理由がある場合もあります。

 

あなたの健康づくりの参考になれば幸いです😃

関連記事

  1. カシスの力☆☆

  2. 【意外と知らない!?】老化を早めるNGな習慣🙅‍♀&#x…

  3. 【あなたは洋ナシ型?リンゴ型?】3つの肥満タイプとタイプ別ダイエットポイント⭐…

  4. キレイな髪✨

  5. 【痩せてる人の特徴】ガリガリトレーニーが解説!

  6. 【卵がダイエットにイイ理由3選🥚】

  7. 【重ね着ではない!?】ニューヨーカーの防寒対策

  8. すごいね!ラジオ体操☝️

  9. 腰痛を改善するためのヒント☝️

PAGE TOP