NEW RELEASE

【卵がダイエットにイイ理由3選🥚】

 

〜 たまご最強説 〜 🥚🥚🥚

たまごは完全栄養食と言われています。

ビタミンCと食物繊維以外の栄養素を全て含んでいます。

身体に必要な栄養素であるタンパク質、ビタミン、ミネラル類などがバランスよく豊富に含まれているんです。

基礎代謝を上げるためのタンパク質、ビタミン、ミネラルは健康的で美しい身体づくりには欠かせません!

たまごをダイエットの味方につけることで、身体へのメリットはたくさんありますよ。

 


たまごがイイ理由① 高タンパク・低カロリー低糖質

ゆでたまご1個あたり約60gに含まれる主な栄養素。

糖質:0.2g

タンパク質:7.7g

脂質:6.2g

カロリー:91kcal

低糖質でタンパク質が豊富なたまごはダイエットの強い味方です。

ダイエット中に活用している方もとても多いです。

たまごの良いところは、いろんな食材と組み合わせて食べられるところです。

高タンパク・低カロリーなので、サラダと混ぜ合わせたり、何かもう一品欲しいなーと思った時に食べやすいですよね。

好みにもよりますが茹でたり、焼いたりしても美味しく食べられますし、料理のレパートリーが多いのも嬉しい点です。

 

たまごがイイ理由② 脂肪燃焼効果

意外かもしれませんが、たまごには脂肪燃焼酵素の『リパーゼ』が多く含まれています。

身体に蓄積された体脂肪を分解し血中に放出する働きがあり、この放出された体脂肪を運動によって消費することで脂肪を燃焼することができます。

また『レスチン』という成分は代謝促進・美肌効果を期待することができ、筋肉の生成を進めることにも繋がるので代謝のアップも期待できます。

もちろん、運動もしっかり行えばさらに効果アップです!💪

 

たまごがイイ理由④ 低GI値で血糖値の上昇が緩やか

たまごのGI値は低く、約30程度しかありません。

(例えばご飯は約81ほどあります)

低GI値は緩やかに血糖が上昇するため、血糖値が上昇すると分泌される『インスリン』の分泌が少ないです。

インスリンとは、脂肪をため込む性質のあるホルモンです。

このインスリンが過剰に出てしまうと、身体は脂肪を溜め込みやすくなってしまうのですが、GI値が高いとその分インスリンが過剰に出てしまうのです。

その点たまごはGI値が低いので、肥満ホルモンの過剰分泌のリスクを減らして、食事をすることができます。

 

 

たまごの食べ方①

たまごに含まれていない、ビタミンCや食物繊維が含まれている野菜と一緒に食べることをオススメします!

ブロッコリーやピーマン・キャベツ・キウイフルーツなどと一緒に食べることもGOODです。👌

また、ビタミンB群やビタミンDも含まれていますので、美容効果として期待できますね!

たまごの食べ方②

朝にゆでたまごを食べるのがオススメ!

目玉焼きやたまご焼きにしてしまうと油を使ってしまうため、茹でる。

上記で紹介した通り血糖値が上がりづらく腹持ちがいい他、食欲抑制効果があり、朝に食べると昼の食欲減退という研究データも存在します。

また、半熟ではなく固茹でで食べてみてください。

一体なぜ固茹での方が良いのか。🤔

理由としては、食べた後の消化にかかる時間が関係しています。

固茹での場合だと、半熟たまごの約3倍消化に時間がかかるため、腹持ちがいいんです!

ついついお腹が空いてしまって食事の間に何か食べてしまう方は、是非試してみる価値ありだと思います。😄

 

 

 

注意点⚠️

たまごには何個までしか食べてはいけないというのは特にありませんが、どんな食材にも共通して食べ過ぎには注意が必要です。

たまごは消化がゆっくりなため、食べ過ぎるとお腹を壊してしまうなどの原因になります。

なので、食べる際は1日2〜3個を目安に食べるのがオススメです。

 

 

関連記事

  1. 美姿勢をつくるために大切な事は!?

  2. 歌をうたって心も身体もリフレッシュ☆☆

  3. 【痩せてる人の特徴】ガリガリトレーニーが解説!

  4. すごいね!ラジオ体操☝️

  5. 五大栄養素

  6. ダイエットするのに有酸素運動は効率的か!?

  7. 【フィットネスクラブ退会を考えているあなたへ!】感染が怖い?ちょっと待って!

  8. 《トレンド》コンディショニングとは《簡単解説》

  9. 【ビタミンCに劇的な効果と治療効果!?】新型コロナウイルス

PAGE TOP