NEW RELEASE

【Google & Levi`sが開発!着るスマホとは!?】

2019年10月5日

Googleが技術開発を手がけた、リーバイス(Levi`s)のジャケット『Trucker Jacket with Jacquard by Google』というスマートジャケットが発売されました。

今回は、世界のGoogleが手がけた最先端のジャケットについて詳しくみていきましょう!

 

スマートジャケットとは?

 

スマートジャケットとは名前にある通りジャケットです。しかしスマートと付いているあたりで普通のジャケットとは違うということはわかるでしょう。

簡単に言えば、スマート機能搭載のジャケットということになるかな。

左の袖口周辺に、Googleが開発した導電性の繊維が採用され、タップしたりするとその操作が袖口に添えられたBluetoothドングル経由でスマートフォンに伝わるという仕組み。

ドングル自体は防水ではありませんが、ジャケット自体は洗濯できるみたいです。

袖口に触れるだけでスマートフォンのカメラを起動して撮影したり、音楽を再生・停止したりもできます。スマートフォンを見ずにその利便性を享受できることから、リーバイスではその商品コンセプトを『CONNNECTED NOT DISTRACTED(つながる。とぎれることなく。)』と説明しています。

触れた時にスマートフォンがどう反応するかは、アプリ側で設定ができるそうです。

例えば、『下にスワイプ』という操作でカメラ起動、『ダブルタップ』で再生と停止という設定にすれば、袖口を下方向に向けて撫でるとカメラが起動し、2回叩けば音楽の再生・停止ができる、といった感じです。

また、操作の中にはマップへピンを落とすというものもあり、自分が訪れた場所をよりわかりやすく記録できる。各種操作は好みに応じてアプリ側でカスタマイズでき、アプリが今後アップデートされることで進化していくということです。

 

GoogleとLevi`sが新技術に取り組む理由

 

そもそもなぜGoogleはリーバイスと組んでこのような取り組みを始めたのでしょうか。

スマートジャケット発表時に登壇した2人の男(藤原氏・デリンジャー氏)は次のように話しました。

藤原氏は、現代が豊富な物に溢れる文化であり、いつでも好きな物を着れる時代と指摘。

その上で『ファッションは自己表現でもある。他人と違いを生む手段でもある。これを理解しなければならないと思う。リーバイスのような企業から学びたいと思った。』と話しています。

一方、技術に対応した衣装、いわゆるスマートガーメントには興味がない、とデリンジー氏。

デリンジー氏いわく、

👇

「リーバイスは問題解決に取り組んでいる。そもそもリーバイスは炭鉱のゴールドラッシュで採掘している人に服を売り出した。どうしたらもっと強い生地になるか、ということでリベットを組み込んだ。

そこで技術的なイノベーションを作ろうということを意識していたのではなく、人々の生活を向上させたいと考えていた。

デジタルテクノロジーはあるが、周りにある世界を見ているか。そういうことを解決したいと考えた。スマートガーメントではなく、どうやって繋がり続けるか。スマホから目を離せるようにするか。」

デリンジー氏の語る内容は、なんとなく世界的にヒットしたスマホゲーム『Pokemon GO』を手がける米ナイアンティックの創業者、ジョン・ハンケ氏が「いかに人々を外へいざなうか」と語ってきたことに近い印象を受けますね。

 

”ながらスマホ”がきっかけ?

 

そもそも両社がこのスマートジャケットを作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょう。

それはデリンジー氏が「帰り道、スマホを見ていた自転車の人にぶつかりそうになった。あぶないなと感じた。』その経験から、スマホから目を奪われる状況を衣服という分野から変化させていくべく、取り組むことに決めたそうです。

最近社会問題ともなっているながらスマホ

電車の線路内に転倒したり、死亡事故が起きたりしてますよね。その社会問題の解決を試みるために衣服にスマホを取り込むとは、なんとも斬新なアイデアです。

 

個人的感想

さてさて、ここまで読んでいただいた皆さんにシンプルな質問をなげかけます。

このスマートジャケット着てみたいですか??

いえ、スマートジャケットを否定しているわけではありませんよ。

シンプルな質問です。ニーズはどれくらいあるのかなと思いまして。

ちなみに私は少しだけ着てみたいかなと思います。少しだけというのは、やはり今まで端末型のスマホに慣れているきているので、ジャケットとスマホをある意味一体化して使うということになかなかイメージが湧きづらいですね。

まあこういうのも慣れるまで、、という点ももちろんあると思いますが。

ただ、確かに画面があるから”ながらスマホ”が発生してしまうのであって、画面無くスマホが使えるとなると”ながらスマホ”も減るかもしれませんよね。

そういう面ではかなり優秀かもしれません。

これからどのようにユーザーが増えていくのか、楽しみですね!

 

 

関連記事

  1. 【栄養士に聞いた!!】美味しくイチゴを冷凍保存する方法

  2. 本はお好きですか?📗

  3. 行列のできる食パン屋さん🍞

  4. 【間食にピッタリなナッツ!】ナッツのダイエット効果とその種類。🥜

  5. 【この4つがポイント!】ハイヒールの正しい選び方✨👠

  6. 【ダイエットにオススメのアプリ4選!】

  7. 【コンビニで買える!】運動後にオススメの食べ物10選

  8. 三菱地所から”好きな時にジムが利用できる”マッチングサービスが登場!

  9. アメフト×ラグビー あるあるで覚える豆知識

PAGE TOP