NEW RELEASE

【ランニングマシンと外ラン】ランニングで飽きない方法と効果の違いとは?

寒さや暑さが厳しい時期や、雨や雪などが降る際は、屋外でのランニングを控えてしまう、、特に今の時期そんな思いの方も多いと思います。そんなときのランナーの味方といえば、ジムに設けられている「トレッドミル(ランニングマシン)」です。室内にいながらランニングが行える点は便利ですが、『景色が変わらないから暇で飽きる』という方も少なくありません。

今回はトレッドミルの速度や傾斜を利用したおすすめのトレーニング方法と、飽きずに続ける方法をご紹介しましょう!

ランニングマシンと屋外ランとの違い

ランニングマシンのメリット

天候や時間に左右されることなく、ジムに行けば走れるというのはランニングマシンのメリットです。暑さ・寒さに関係なく快適な環境で走れるほか、あらかじめ設定した一定のペースで走ることができます。また、ジムにある業務用マシンであれば、傾斜角度まで設定が可能。走りたい速度と角度でいつまでも走り続けられるのは、屋外ランとの大きな違いでしょう。屋外であれば自身で時計など見ながらペースコントロールし、傾斜は坂道などに出向く必要があります。

ランニングマシンのデメリット

ランニングマシンは自動でベルトが回っており、その上を走るというマシンです。接地面そのものに衝撃吸収機能があり、着地時に地面から受ける反発も少なくなります。自らの脚力で「蹴る」動作や強い着地衝撃を反発させることは不要なため、脚力強化の効果はあまり期待できません。その反面、筋肉や関節部への負荷が低いため、怪我が心配な方、リハビリ中の方にはランニングマシンが向いているでしょう。

他にもさまざまな違いはありますが、ランニングマシンだけで走っていると、ロードでの衝撃に脚力が負けてしまう可能性は少なくありません。そのため、筆者はロードを基本としつつ、どうしても屋外ランニングが難しい場合やフォームチェックが必要なときのみ、ランニングマシンを用いるようにしています。

ランニングマシンを用いたオススメのトレーニング方法

ランニングマシンといえば「いつまでもテレビを見ながら走っている」というようなイメージをお持ちかもしれませんが、実は速度や傾斜の設定方法によって、さまざまなバリエーションのトレーニングが行えます。

ペース走

前述の通り、ランニングマシンは自身で意識することなく、一定のペースで走り続けることができます。そのため、ペース走はもっとも適したトレーニング方法と言えるでしょう。屋外を走るのとでは若干違いがありますが、身体の動きや心肺の状態などに集中しつつ、目標ペースを刻み続けることが可能です。走る時間・距離を定めるのではなく、ペースのみ決めて「このペースでどこまで走れるか」に挑戦するのがオススメ。ランニングマシンにはタイムや距離計測の機能があるので、手元で時計を気にすることなく追い込めます。

坂道走

住んでいる場所によっては、周囲に坂道があまりないという方は多いでしょう。しかしランニングマシンなら、いつでも自由な傾斜で走ることができます。坂道走はスピードや脚力強化に効果的なだけでなく、短時間でもしっかり心肺機能を鍛えることができるトレーニング方法です。たとえペースがゆっくりでも、少し傾斜を加えるだけで疲労度合いが違ってくるでしょう。ランニングマシンを活用するなら、ぜひ坂道走に取り組んでみてください。

傾斜角度の限界値はマシンによってさまざまですが、中には最大傾斜30%まで上げられるものもあります。坂道をゆっくりペースで長く走ったり、思いきりハイペースで限界まで走るなど、普段では取り組めないトレーニングになるはずです。

インターバル走

意外と行われていないのが、トレッドミルを用いたインタバルトレーニングです。限界に近い速度までペースを上げ、一定時間を走ったらマシンから離れて休憩。これを何度も繰り返します。ランニングマシンは自動で回転しているため、いつも自分一人では出しきれないようなペースにも挑戦できるでしょう。ただし回転しているマシンから離れる、あるいは逆に回転しているマシンに乗るのは非常に危険です。ランニングマシンはすぐにペースのアップダウンが行われますので、基本的には都度マシンを止めて休み、また止まった状態からペースを上げて走るようにしてください。

ランニングマシンで飽きないためのポイント

インターバル走のように追い込んだトレーニングは、気持ちが集中して身体もキツいため、さほど飽きることはないでしょう。しかしペース走や坂道走をはじめ長時間を走る際には、どうしても飽きてしまう人が多いようです。実際のところ筆者もランニングマシンは飽きやすく、どうしても1時間半~2時間程度で限界が訪れます。そんな中でも、できるだけ飽きずに走るための方法を紹介します。

映画やドラマを観る

多くのランニングマシンは、タブレット端末やスマートフォンを立てかけられるようになっています。こうしたデバイスで映画やドラマを観ながら走ると、そちらに意識が集中して長時間でも飽きにくいでしょう。なお、できればコードが邪魔にならないよう、イヤホンはBluetoothでの無線接続がおすすめ。ちなみに私はNetflixやHulu、Amazon Prime Videoであらかじめタブレットに映画をダウンロードしておき、オフライン環境で視聴しています。映画はだいたい1時間半~2時間ほどのものが多いため、時間もほどよく見終えられます。

音楽を聴く

自分の好きな音楽を聴きながら走るのもよいでしょう。この際、できれば走るピッチに近いリズムの音楽を選ぶのがおすすめです。音楽に合わせて身体が動き、軽快に走れます。ただし周囲の音をシャットダウンしてしまうと、誰かに声を掛けられていて聞こえなかったり、知らないうちにランニングマシンから落ちそうな位置まで下がっていたり、あるいは非常ベルが鳴っても気付かないなど危険も伴います。そのため、音量は少し控えめにするのがよいでしょう。また、音楽に乗り過ぎて鼻歌など出てしまうと、少し恥ずかしいのでご注意を。

仲間と喋りながら走る

フィットネス仲間と隣のランニングマシンで走り、喋りながら走るのもおすすめです。楽しい会話はランニングに限らず、時間を忘れさせてくれるもの。ただし会話が盛り上がり過ぎて、周囲の迷惑にならないよう注意してください。

鏡でランニングフォームを確認する

ランニングマシンの前や横に鏡があれば、ぜひ自分のランニングフォームを確認しながら走りましょう。筆者もよく、鏡横のランニングマシンを確保して走っています。前傾姿勢や腕の振り、着地位置などを確認しながら、自身の理想イメージに合わせて調整しましょう。頭を働かせながら走ることで飽きることなく集中でき、ランニングフォームの改善にも繋がります。

ランニングマシンは危険を伴う

ランニングマシンをうまく活用すれば、これまで以上に効率的なトレーニングが目指せるでしょう。なお、多くのランニングマシンには転倒等の危険防止のため、非常停止用の引き紐が設けられています。大けがに繋がらないよう、必ず紐をウェアなどに着けて走るようにしてください。はじめてランニングマシンを利用する方は、適当に操作せずジムのトレーナーなどに説明を受けるようにしましょう。

個人的な感想

有酸素トレーニングって正直継続が難しいです。

私が走るとすれば、室内よりも外で走る方が好きですね。やっぱり景色が変わるのは面白いですし、普段とは違う発見があったりして、飽きずらいと思います。

でも、たまには室内で音楽でも聴きながら淡々と走るのも、気分転換になって良いと思いますよ。

有酸素運動は、ダイエットにはもちろん、代謝アップや肺活量の向上など健康増進にも役立ちますから、普段の運動に少し取り入れて見るのもいいかもしれません。

関連記事

  1. 【シックスパックを作る条件と鍛え方とは!?】

  2. お前、センス無いよ【←論破してやんよ】

  3. 【無駄な筋トレしてない?】これが効果的な宅トレ!

  4. 【心の筋トレで強くなる!】強いメンタルをつくる6つの習慣とは

  5. 【トレーニングのウソ・ホント】有酸素運動は20分以上やらないと意味がない!?

  6. 【オーバートレーニング症候群とは?】症状と改善方法

  7. 【やっぱり筋トレした方がイイ!】心と体に与える5つのメリット

  8. 【ストレッチはやる価値のある健康習慣です!】ストレッチのメリット7選

  9. 【意外と知らない?】ヨガとピラティスの比較。効果があるのは?

PAGE TOP