NEW RELEASE

【健康&フィットネスアプリの利用率アップ!】年代別人気ジャンルは?

健康志向の高まりとともに、ヘルスケア&フィットネスアプリも好調のようです。モバイル向けのアプリ分析やアプリ開発を手がけるフラーは、電通デジタルと共同で、アプリの利用に関する実態調査を実施し、その結果を発表しています。

フィットネスアプリの利用率が倍増

調査結果によると、フィットネスアプリの利用率はこの2年で5%から10%へと約2倍に成長していることが分かりました。

1人あたりのフィットネスアプリ利用個数は1.1個で、多くの方は1つのアプリをメインに使用している状況が伺えます。

さらに、フィットネスアプリは休眠ユーザーを含めると、全体の33%が利用した経験があり、49%が男性、51%が女性と男女比率は約半々の割合となりました。また、利用年代で見ると30~40代の割合がもっとも高いことも判明しています。

他のジャンルではどんなアプリを利用してる?

そんなフィットネスアプリ利用者ですが、他のジャンルではどのようなアプリを利用しているのでしょうか。まず、ニュース系アプリでは「Yahoo! JAPAN」が最多の35%。以降「スマートニュース」「Flipboard Briefing」が続きます。

FOOD&DRINK系アプリでは、意外と(?)「マクドナルド」が最多の約35%。以降は「クックパッド」、「DELISH KITCHEN」と、自炊派と見られるアプリ利用が目立ちます。

トレーニング系アプリをよく使っているのは30〜40代

さらに、年代別で見ると30~40代は「Garmin Connect」や「FiNC」といったトレーニング系アプリの利用率が高く、50代は歩数や体重などを管理する「からだメイト」など、ログ系アプリの利用率が高いことも明らかになっています。これは、年代ごとで、体への負担を考慮しているユーザーが多いといえるのではないでしょうか。

今後も伸びることが予想されるフィットネスアプリ市場。市場の拡大とともに、どのような魅力的なアプリが登場してくるのか、これからに期待です。

個人的な感想

フィットネス系のアプリ、本当によく増えていますよね。

アプリで運動する人の場合、『自宅』『簡単』『時短』『たった〇〇分』『〜しながら』がキーワードになっているケースが多いような気がします。

要するに、手軽さですね。仕事が終わって帰宅して、ジムの準備して運動。帰ってきてご飯食べてお風呂はいって、、。

よりも、仕事中や電車の中でなんかもできる運動の方がニーズありそうです。

確かにジムの方がガッツリ鍛えられますが、結局何にもしないよりは全然マシだと思うので、健康への意識が高まってきていて良いことだと思います!

関連記事

  1. 女性ホルモンとダイエット

  2. 【4つの誤解】女性が思う筋トレの誤解

  3. 「自然な感性」を大切に☆☆

  4. 腰痛を改善するためのヒント☝️

  5. 脚のむくみ

  6. ダイエット中のオススメの野菜🍅🍆

  7. ストレッチポールの凄さ!

  8. 綺麗になるための習慣✨✨

  9. タンパク質のウソ・ホント

PAGE TOP