NEW RELEASE

【トレーニングのウソ・ホント】有酸素運動は20分以上やらないと意味がない!?

筋トレをしていると、カラダにまつわるさまざまな噂話が気になるもの。テレビやネットに出ていた健康情報を交換し合ううちに、どれが本当でどれが嘘なのか分からなくなってしまいますね。そこで、今回はトレーニングにまつわるよく聞く疑問を取り上げ、それが本当なのか間違いなのか、回答・解説していきます。

筋トレすると身体が硬くなるの??

筋トレに抵抗感を持っているスポーツ指導者(競技のコーチ)の中には、筋トレすることでカラダが硬くなってしまうので、選手たちに筋トレはあまりやらせないという人がいます。しかし、これは間違いです。むしろ筋トレを行うことで、筋肉の柔軟性は高まります。

正しい方法で筋トレをすれば、むしろカラダは柔らかくなる

「筋トレでカラダが硬くなってしまった」と感じた場合、それは筋トレのやり方が間違っているのかもしれません。関節可動域を狭くして動作を行っていると、筋肉が伸ばされず常に力が入った状態となるため、硬くなってしまうと考えられます。

チンニング(懸垂)でご説明しましょう。皆さんはチンニングでカラダを持ち上げた後、カラダを下したときに完全に肘がまっすぐになるまで下ろしているでしょうか。鍛えている広背筋を伸ばすには、完全にカラダを下すことが必要です。肘が伸びきらないところでまた持ち上げてしまうと、広背筋や上腕二頭筋は常に緊張した状態となります。

このように、関節可動域をフルに使わない筋トレがカラダを硬くしてしまうのです。筋トレを行う際は、しっかり関節可動域を動かすようにしましょう。

筋トレしなくなると筋肉が脂肪に変わるって本当なの??

筋トレをやっても、途中で辞めてしまえばついた筋肉が脂肪に変わって余計に太ってしまう。そんな噂を聞いたことはありませんか? そんなことを聞くと「筋トレしない方がいいんじゃ……」と考えてしまいますよね。

安心してください、これは間違いです。

筋肉は脂肪に変化しない

「筋肉」と「脂肪」はまったく別のもので、お互いが変化するということはありません。筋肉が脂肪に変わったと感じるのは、筋トレを辞めたことで筋肉量が少なくなる一方、運動量の低下によって同時に脂肪がついてしまうからです。

ただし、直接筋肉が脂肪に変わっているわけではないのですが、脂肪が増えてしまうことに変わりありません。そのため、筋トレを辞めてしまう場合は、食事面での調整によって体脂肪を増やさないようにする必要があります。

有酸素運動は20分以上続けなければ効果がない??

ダイエットのために行うウォーキングやジョギング、エアロバイクなどの有酸素運動。これらは20分経った頃からようやく脂肪が燃焼し始めるので、それ以下の時間では効果がないと耳にしたことはないでしょうか。もしそうなら、時間があまり取れない人にとって、有酸素運動は高いハードルになります。

でも安心してください。これも間違いです。

5~10分程度でも脂肪は燃焼される

カラダを動かすときにエネルギー源として使われる脂肪は、血中に流れている脂肪(遊離脂肪酸)です。そして血中の脂肪は、運動直後から燃焼されているということが分かっています。

運動を始めて血液中の脂肪が少なくなってくると、体脂肪と呼ばれる皮下脂肪や内臓脂肪が分解されて血中に放出されます。実はこの体脂肪の分解が、20分くらいから早まると言われているのです。そのため、「20分以上しないと脂肪は燃焼しない」という情報が存在しています。

ある研究では、短時間(5~10分程度)の有酸素運動でもこまめに行うことで、体脂肪が減るという結果が出ているようです。有酸素運動は1度に長時間行うより、できるだけ毎日こまめに継続していくことをオススメします。

筋トレと有酸素運動、どっちを先にやればいい??

脂肪燃焼が目的なら筋トレが先

筋トレと有酸素運動を同日に行う場合、どちらを先に行ったほうがいいのか迷う人は多いでしょう。この疑問も、ある研究によって「筋トレ→有酸素運動」という順の方が脂肪燃焼に効果的という結果が出ています。

これは、筋トレ後に出る成長ホルモンが関係しています。筋トレ後は成長ホルモンが多く分泌されるのですが、成長ホルモンには筋肉をつけるほか、脂肪細胞を分解する働きを持っているのです。体脂肪を燃焼させるためには先ほどの疑問の通り、体脂肪を分解して血中に放出する必要があります。筋トレを先に行うと、すでに分解された状態で有酸素運動を始められるため、脂肪燃焼に効率的というわけです。

筋肥大目的の場合、筋トレと有酸素運動は違う日に行うと安心

ここで注意するポイントが1つ。筋肉をつけたいという目的の場合、筋トレ後の有酸素運動を長時間やりすぎると、筋トレによる筋肥大の効果が薄れてしまうということも分かっています。もし筋肉を大きくしたいのであれば、筋トレと有酸素運動は違う日に実施した方がよさそうです。

巷に広まっているウワサはまず正誤を調べてから!

巷に広まっているトレーニングの情報は、意外に間違っていることが多いものです。あたかも効果があるようなダイエット商品の広告やテレビ番組の情報でも、実際のところ効果が疑わしいものもあります。カラダ作りを行うためには間違った情報に惑わされず、正しい情報を自分で探すことが大切。正しい知識を身につけて、健康的で効率よくカラダづくりを行いましょう。

個人的な感想

有酸素運動に関する記事は、すでにいくつか書いてきました。そしてその中で私はあまり有酸素運動が好きではないということがある程度わかったと思います。(笑)

そもそも有酸素運動に限らず、『〇〇以上はやらないといけない!』という規制がかかると逆に続けずらいです、、。

でも20分以上しないと効果がない!っていうのが100%正解って訳ではなくて安心しました。少しでも効果があると聞くとなんか取り組みやすくなりますよね。

走る以外にもその場でできる運動として、足踏みや、なわとびなど種類は様々ですから、とりあえず1分を3〜5セットくらいやって見るのも良いでしょう。

思ったよりかなり汗かきますよ!

関連記事

  1. 【ランニングマシンと外ラン】ランニングで飽きない方法と効果の違いとは?

  2. 【ストレッチはやる価値のある健康習慣です!】ストレッチのメリット7選

  3. 【『たった1分』の運動で、45分の運動効果!?】

  4. 【自宅筋トレ!】自宅にオススメのトレーニング器具6選

  5. 【シックスパックを作る条件と鍛え方とは!?】

  6. 【身体のコンディションを整えるおすすめグッズ4選】

  7. お前、センス無いよ【←論破してやんよ】

  8. 【無駄な筋トレしてない?】これが効果的な宅トレ!

  9. 【やっぱり筋トレした方がイイ!】心と体に与える5つのメリット

PAGE TOP