NEW RELEASE

【身体のコンディションを整えるおすすめグッズ4選】

身体のケアやスポーツパフォーマンス向上に欠かせないストレッチ。しかし自分ひとりで行うと、うまく伸ばせない部位が出てくるかもしれません。そんなときはストレッチの効果を高める専門ギアを活用してみましょう。

1.ストレッチポール

ストレッチギアの代表といえば「ストレッチポール」です。ストレッチポールは円柱状の長い丸太のような形をしており、仰向けで寝て使用します。カラダの中心ラインである頭(後頭部)、背中(胸椎)、腰(仙骨)をストレッチポールに接地させ、両腕と両脚を脱力させることにより、体幹部の筋肉を効率よく伸ばすことができます。

人間のカラダは、脚や腕を組んだり、いつも同じ側の肩でカバンを持つなど日常のクセによって、気づかぬうちに「前面・後面」「左側・右側」「上半身・下半身」の筋バランスが崩れてしまうものです。すでに筋肉のアンバランスが起こっている場合、座って行う、または立って姿勢で行うストレッチでは、左右対称の正しい姿勢を作ることは難しいでしょう。まっすぐ立っていると思っていても、実際には左右対称ではないことも多いはず。そのため、筋肉のバランスを整えるのが難しくなります。

そうしたときにストレッチポールが効果を発揮します。最初は動かしにくく感じても、継続することでアンバランスが解消され、左右同じ動作が可能になるでしょう。筋バランスが改善すると、自然と姿勢も整えられていきます。

なお、ストレッチポールには短く半円状になっているタイプもあります。円柱のストレッチポールでは乗るのが難しい、あるいは転倒が怖いという人は、安全な半円状のタイプを活用してください。

2.フレックスクッション

「フレックスクッション」は、三角形のマットレスクッションです。実はこの三角形が、ストレッチに大きな効果をもたらします。たとえば座位での前屈。「カラダが硬くて前に倒れない」という人も多いでしょう。しかし、フレックスクッションを敷いて行うとカラダが前に倒れやすくなり、効果的にストレッチすることができます。

お尻の部分を高くすることで骨盤が前に傾きやすくなり(前傾)、カラダが倒れやすくなるでしょう。骨盤が前傾すれば太ももの裏側の筋肉であるハムストリングスが伸び、ストレッチ感を強く感じることができるのです。その他にも、内転筋群などの股関節まわりをストレッチさせる、骨盤の動きをよくさせるなど、さまざまな使い方ができます。

なお、フレックスクッションには形の違う「フレックスバレル」という商品もあります。こちらも同じような使い方ですが、胸椎などの背骨を伸ばすといった、より専門的な商品です。

3.ストレッチバンド

自分だけで筋肉を最大限に伸ばすのは限界があります。そんなときに使用したいのが「ストレッチバンド」です。自分の体重だけで伸ばしきれない、カラダが邪魔でうまく伸ばせないとき、足に掛けて手で引っ張ることで、ストレッチ効果を最大限に引き出せるでしょう。

日々のコンディショニング維持のために活用しているプロアスリートも多く、高い効果が期待できます。持ち運びが楽なため、自宅だけでなく出張先やスポーツジムで使用することも。筋肉をしっかり伸ばしたい人、あるいは競技のために柔軟性を高めたい人にオススメです。

4.フォームローラー

ストレッチポールが短くなった形状の「フォームローラー」(グリッド フォームローラー)ですが、使い方は異なります。ストレッチポールが全身の筋バランスを整えるのに対し、フォームローラーはピンポイントに筋肉を刺激します。

フォームローラーをほぐしたい部位に当て、体重を乗せてカラダをゴロゴロ動かしましょう。これは“筋膜リリース”と呼ばれるコンディショニング方法です。マッサージに近いものですが、手軽にできて効果が高いと人気です。硬くこわばった筋肉をストレッチで伸ばす前に、フォームローラーで筋膜リリースをした後にストレッチを行うと、筋肉が伸びやすくなりストレッチ効果も高まるでしょう。

リリースとは「制限を解除する」「解きほぐす」という意味を持つ言葉です。ですからつまり「筋膜リリース」とは、よじれてねじれた筋膜を解きほぐすことを目的としたメソッドです。

[継続して行うことで効果を発揮する!]

今回ご紹介したギアがなくても、ストレッチを行うことは可能です。しかし、これらのストレッチギアを使えばストレッチの幅が広がり、より高い効果が期待できるでしょう。柔軟性が必要な競技に取り組んでいる、柔軟性を高めたいと考える人は、積極的に活用してみてください。ただし、どんなに優れたストレッチギアを使っても、継続して行わなければ効果は表れません。トレーニング同様、継続して行うことが大切です。

個人的な感想

トレーニングで身体を鍛えることよりも、ストレッチで身体を整えることの方が大切な気がします。

身体のコンディションが整っていないと、トレーニングの効果もほぼほぼ無くなってしまいますからね。

でもセルフでコンディションを行うには限界があります。だからこういうツールがあるのは本当に助かりますね。

実際にプロのアスリートでも、大会や合宿先で持ち運んでる人も多いようです。

まずオススメとしては、1番のストレッチポールが個人的にオススメ!

関連記事

  1. 【やっぱり筋トレした方がイイ!】心と体に与える5つのメリット

  2. 【自宅筋トレ!】自宅にオススメのトレーニング器具6選

  3. 【シックスパックを作る条件と鍛え方とは!?】

  4. 【トレーニングのウソ・ホント】有酸素運動は20分以上やらないと意味がない!?

  5. 【ランニングマシンと外ラン】ランニングで飽きない方法と効果の違いとは?

  6. 【ストレッチはやる価値のある健康習慣です!】ストレッチのメリット7選

  7. 【『たった1分』の運動で、45分の運動効果!?】

  8. 【心の筋トレで強くなる!】強いメンタルをつくる6つの習慣とは

  9. お前、センス無いよ【←論破してやんよ】

PAGE TOP