NEW RELEASE

【意外と知らない?】ヨガとピラティスの比較。効果があるのは?

ヨガ

ヨガとピラティスってそもそも何が違うの? やせたい場合は、どっちが効果的?

そこでピラティスとヨガについて、いちばん知りたい疑問にお答えします。

ピラティスって何?

ピラティス

なんとなくハードルが高そうなイメージがあるピラティスですが、実際には体に負担をかけずに体幹の筋肉を鍛えるというものです。

強さや安定性、筋肉のコントロールを重視した、エネルギッシュでマインドフルな全身運動のメソッドで、1920年代にジョセフ・ピラティス氏によって考案されました。マットの上で行うほかに、リフォーマーと呼ばれるマシンなど特別な道具を使うこともあります。

ヨガって何?

ヨガ

およそ何千年もの歴史があると考えられているヨガ。一連のポーズを行うヨガの実践では、呼吸だけでなく自分の内面にも意識を集中させます

ヨガをサポートしている最大の非営利団体ヨガ・アライアンスによると、ヨガとは「肉体的、精神的、感情的、霊的なあらゆるレベルの健康のための包括的な体系です。それは信仰ではなく、豊かなくらしのための技術や指導の体系なのです」とのこと。アメリカでおそらくもっとも有名なのは、姿勢(ポーズ)と呼吸法を中心としたハタヨガです。

ピラティスって何?

ヨガとピラティスはどこが違うの?

瞑想

ヨガもピラティスも流れるように動作を行う点は共通していますが、重視しているポイントが違うと専門家は指摘します。ピラティスは体幹の強さに着目しますが、ヨガは柔軟性によりフォーカスし、また精神面とも強くつながりを持ちます。

「ヨガにはスピリチュアルな要素がありますが、それはインドにおける指導者や賢者という長い歴史に由来するものです。いっぽう、ダンサーたちが呼吸や動きを改善して脊椎の健康を維持できるようにと、ひとりの男性が考案したのがピラティスです」と説明するのは、ニューヨーク市認定ヨガインストラクターのメル・ルッソさん。

「私が思うに、ヨガには多くのバリエーションとスタイルがありますが、ピラティスは創設者の意図にかなり忠実だというのが大きな違いです」

ピラティスのマスターティーチャーでピラティススタジオ「ボディトニック」のオーナー兼ディレクターのジェニファー・デルーカさんは次のように話します。

「どちらも心と体に働きかけます。ヨガもピラティスも全身の調子を整えることを目指していて、適切なアライメントとポーズを大切にしています。いくつかのヨガの実践ではポーズを止めてキープすることを重視しますが、ピラティスはきびきびした動きで構成されていますねまたヨガには明らかにスピリチュアルな面がありますが、ピラティスでもエクササイズを行った結果として、健康で元気になったという実感を得られるようになります。

両方とも筋肉のトレーニングやストレッチを取り入れているものの、どちらかといえばヨガはよりストレッチを重視、ピラティスは筋肉のトレーニングに重きを置いています。しかし、いまではヨガとピラティスのこうした違いはとても曖昧になってきています。ピラティスのよい点を取り入れていないヨガのレッスンを見つけるのは難しくなっていますし、その逆もまた同様です」

体重を落とすなら、ヨガとピラティスどちらが効果的?

運動する女性たち

ヨガとピラティス、私に向いているのはどっち?

ヨガとピラティスのメリットや違いをそれぞれのインストラクターに聞きました。

  1. ピラティスって何?
  2. ヨガって何?
  3. ヨガとピラティスはどこが違うの?
ピラティスのメリットとは?

笑顔の女性

「とてもたくさんありますよ!」とピラティスのマスターティーチャーでピラティススタジオ「ボディトニック」のオーナー兼ディレクターのジェニファー・デルーカさん。

体幹を強くして筋肉を鍛える、柔軟性や筋肉の協調が増す、姿勢を意識するようになる、呼吸機能が向上する、さらに睡眠や消化も改善するなどです」

また精神面でもよいことがあります。「気持ちが明るくなり、思考も明確になって自信がつきますね」

ピラティスには欠点はありますか?

ピラティス

「ピラティスをやらないほうがいい人は、いないと思います」とデルーカさんは言います。

「経験豊富なインストラクターについて個人トレーニングをするべきだという人はいるでしょうが、そういった人以外はグループレッスンでもまったく問題ありません。私はいつもグループレッスンに参加する前に、少なくとも3回は個人レッスンを受けるようにすすめています」

もうひとつ、デルーカさんからの注意事項は次の通り。「世の中には“ピラティス”だと称して、正式ではないまったくの別物が存在します。消費者はきちんと下調べをして、自分にあったレッスンを見つけるようにしましょう」

結局、ピラティスは体重を落とすのにいいの?

自転車に乗る女性

「体重を減らすには、摂取カロリーよりも多く燃焼しなくてはなりません。ピラティスを習得すれば、気分をよくモチベーションをキープできるようになります。有酸素運動の要素もあるけれど、でもそれは55分間ランニングするのとは違います。しかしピラティスを続けていれば、走ったり、自転車をこいだり、友人と踊りに行ったりした際に、体がとてもラクだと感じられるようになりますよ」とデルーカさん。

ヨガのメリットとは?

ヨガ

「何を求めているかにもよりますが、多くのメリットがあります」とニューヨーク市認定ヨガインストラクターのメル・ルッソさんは言います。

「もっと体を強く鍛えて、柔軟性を高めたいなら、ヴィンヤサ・フローのような運動量の多いヨガがぴったりです。動きは少なく、心と体につながりたいなら、ゆったりと体を回復させるタイプのヨガが役に立つでしょう。ヨガの大きなメリットは、体を動かして関節を鍛え、肉体的な限界を意識するという習慣を身につけることなんです」

ヨガは柔軟で強靭な体をつくり、身体の調子を整えるだけでなく、心臓の健康も向上させると専門家は言います。

「ただし、なんでもそうですが、地道に続けなくてはなりません。肉体的なメリットを得るにはきちんと取り組む必要がありますが、そうすればやがてゆっくり変化が現れるでしょう。体がより強く柔軟になって、腰の痛みがなくなる人も多いはず。ただし、あらかじめ下調べをしておくこともかなり重要で、これはいくら強調しても足りないくらいです。レッスンのスタイルやレベル、自分にあった先生を見つけることが何よりも大切です」(ルッソさん)

ヨガの精神的なメリットとは?

ヨガ

「ヨガが他の運動と大きく異なるひとつは、意識するよう求められる点です。いまここに存在すること、呼吸をすることをかなり重視します」とルッソさんは説明します。

「よいヨガ教師は、精神的あるいは霊的なメリットを自然にレッスンに取り入れています。自分の肉体の強さよりももっと深い内面とつながることができなければ、ヨガをやる意味がありません。ヨガでは自分の体に耳を傾けなくてはなりません。無理にヨガのポーズをとるのは重要ではなく、むしろそれはケガの危険があると生徒に教えるのがよい教師です。

私が生徒たちに伝えているのは、ヨガマットの上にいるあなたは、マットから離れたときのあなたでもあるということ。つまり自分の体をいたわってスローダウンする方法、いまを意識して呼吸する方法を学んでいるのであれば、それをしっかり自分のものにしてほしい。そうすれば思いがけない形でメリットが得られるでしょう」

ヨガの欠点は?

ヨガ

「最大の欠点は、よくも悪くもヨガはすっかり主流になっているため、多くのスタジオで心身の修練というよりもただの“ワークアウト”と化してしまっていることです。経験が乏しく、人体に詳しくない教師は、簡単に生徒にケガをさせてしまいます。

体を痛めていて特別な配慮が必要な人は、グループレッスンよりも一対一の個人レッスンのほうが安全です。なぜならベテランの教師であっても、グループレッスンでケガをしている人に注意を向けるのはかなり難しいからです」(ルッソさん)

ヨガは体重を落とすのによいですか?

サラダ

これはヨガではよくある質問です。「答えはイエスですが、あくまで間接的に、です」とルッソさん。

「この質問はよくされるのですが、体重を落とすいちばんの方法が食事であるのは明白。摂取カロリーに注意して、よく体を動かしましょう。ただヨガも間違いなく役立ちます。少なくとも週に2、3回、着実にヨガをやっているなら、体に変化を感じるようになるはず。ヨガを続けていると、太りやすい食べ物への欲求や、カフェインやアルコールへの依存も減少することが多いんです。ヨガの教えや呼吸法、自分に対する意識が効力を発揮して、自分のことをいたわるようになるからです」

個人的な感想

ヨガは女性を中心に尽きない運動だと思っています。

私もその一人ですが、周りの友人でヨガにハマりすぎて資格まで取っちゃう人もいますね。そして今ではヨガインストラクターの一人、みたいな。

私は一つの運動メソッドとして取り入れているだけなので、そこまで真面目にやっているわけではないですが、スタートしやすい運動なのかなと思います。

一緒に筋トレ行こう!よりも、一緒にヨガ行こう!の方が誘いやすいし、何となく行きやすいですよね。

ただ、ヨガで無理な動きをしてけがをしている人がいるのも事実。

皆さん、ヨガの一つ一つの動きはできなくてはダメ!というわけではありませんから、くれぐれも自分の身体の硬さと相談しながらにしてくださいね。

関連記事

  1. 【太く・強く・ツヤツヤに!】髪を生まれ変わらせるための食事法

  2. お前、センス無いよ【←論破してやんよ】

  3. 【コンビニで買える!】運動後にオススメの食べ物10選

  4. 【リバウンド無し!】週に1kg減らす7つのステップとは?

  5. 【オーバートレーニング症候群とは?】症状と改善方法

  6. 【心の筋トレで強くなる!】強いメンタルをつくる6つの習慣とは

  7. 【どこまで続く?女性の筋トレブーム】このブームが続いてほしい理由

  8. 【やっぱり筋トレした方がイイ!】心と体に与える5つのメリット

  9. 【ストレッチはやる価値のある健康習慣です!】ストレッチのメリット7選

PAGE TOP